2013年05月15日

アドレナリン作用薬


α1受容体は主に(A)にあり、α2受容体は主に(B)にある。β1受容体は主に(C)にあり、β2受容体は主に(D)にある。


(A)血管、瞳孔括約筋(B)シナプス前膜(C)心臓(D)平滑筋(気管支、消化管など)


αβ受容体作用薬に(A)、(B)、(C)などがあり、α受容体作用薬に(D)、(E)、(F)、(G)がある。β受容体作用薬には(H)、(I)、(J)などがある。


(A)アドレナリン(B)ドパミン(C)エフェドリン(D)ノルアドレナリン(E)メタラミノール(F)フェニレフリン(G)メトキサミン(H)イソプロテノール(I)ドブタミン(J)サルブタモール


アドレナリンの作用の特徴は作用発現が(A)。持続は(B)。作用は(C)ことがあげられる。アドレナリンの応用は(D)、(E)、(F)、(G)などである。


(A)速い(B)短い(C)強い(D)心拍動停止に対する救急(E)過敏性ショックの救急治療(F)気管支喘息発作の治療(G)局所麻酔薬の作用時間延長


アドレナリンの代謝への影響は(A)作用によりグリコーゲンの分解が起こる。(B)作用により(C)が起こり血糖は(D)する。


(A)β2(B)α2(C)インスリン分泌抑制(D)上昇


エフェドリンはアドレナリンと作用が似ているが、異なる点として、(A)。アドレナリンより作用は(B)。作用持続時間は(C)。(D)を持つ。(E)現象を持つことである。臨床応用としては(F)。(G)。(H)があげられる。


(A)内服できる(B)弱い(C)長い(D)中枢興奮作用(副作用である)(E)タキフィラキシ(F)気管支喘息の予防(G)脊髄麻酔による低血圧の予防(H)粘膜のうっ血の除去
エフェドリンの主な作用は心臓興奮(β2)、血圧上昇(α)、気管支平滑筋弛緩(β2)、中枢興奮


ドパミンは主に(A)受容体、(B)受容体とDA受容体を刺激する。DA受容体は血管平滑筋にある(C)とニューロンにある(D)がある。作用は(E)と(F)であり、容量の増加に伴い(G)作用があり、ショックの時に(H)を起こさない。(I)と(J)の際に用いられる。


(A)α1(B)β1(C)D1(D)D2(E)心臓興奮(β1)(F)血圧上昇(α1)(G)腎臓および内臓血管拡張(H)乏尿(I)ショックの治療(J)急性腎不全
posted by ドラッグガイド at 01:02| アドレナリン作用薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。