2013年05月15日

アドレナリン作用薬


α1受容体は主に(A)にあり、α2受容体は主に(B)にある。β1受容体は主に(C)にあり、β2受容体は主に(D)にある。


(A)血管、瞳孔括約筋(B)シナプス前膜(C)心臓(D)平滑筋(気管支、消化管など)


αβ受容体作用薬に(A)、(B)、(C)などがあり、α受容体作用薬に(D)、(E)、(F)、(G)がある。β受容体作用薬には(H)、(I)、(J)などがある。


(A)アドレナリン(B)ドパミン(C)エフェドリン(D)ノルアドレナリン(E)メタラミノール(F)フェニレフリン(G)メトキサミン(H)イソプロテノール(I)ドブタミン(J)サルブタモール


アドレナリンの作用の特徴は作用発現が(A)。持続は(B)。作用は(C)ことがあげられる。アドレナリンの応用は(D)、(E)、(F)、(G)などである。


(A)速い(B)短い(C)強い(D)心拍動停止に対する救急(E)過敏性ショックの救急治療(F)気管支喘息発作の治療(G)局所麻酔薬の作用時間延長


アドレナリンの代謝への影響は(A)作用によりグリコーゲンの分解が起こる。(B)作用により(C)が起こり血糖は(D)する。


(A)β2(B)α2(C)インスリン分泌抑制(D)上昇


エフェドリンはアドレナリンと作用が似ているが、異なる点として、(A)。アドレナリンより作用は(B)。作用持続時間は(C)。(D)を持つ。(E)現象を持つことである。臨床応用としては(F)。(G)。(H)があげられる。


(A)内服できる(B)弱い(C)長い(D)中枢興奮作用(副作用である)(E)タキフィラキシ(F)気管支喘息の予防(G)脊髄麻酔による低血圧の予防(H)粘膜のうっ血の除去
エフェドリンの主な作用は心臓興奮(β2)、血圧上昇(α)、気管支平滑筋弛緩(β2)、中枢興奮


ドパミンは主に(A)受容体、(B)受容体とDA受容体を刺激する。DA受容体は血管平滑筋にある(C)とニューロンにある(D)がある。作用は(E)と(F)であり、容量の増加に伴い(G)作用があり、ショックの時に(H)を起こさない。(I)と(J)の際に用いられる。


(A)α1(B)β1(C)D1(D)D2(E)心臓興奮(β1)(F)血圧上昇(α1)(G)腎臓および内臓血管拡張(H)乏尿(I)ショックの治療(J)急性腎不全
posted by ドラッグガイド at 01:02| アドレナリン作用薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

コリンエステラーゼ抑制薬と再賦活薬 その2


アトロピンは競合的に(A)を遮断することにより、作用を発揮する。アトロピンの臨床応用には(B)、(C)、(D)、(E)、(F)、(G)などがある。禁忌症には(H)、(I)がある。アトロピンは中枢神経(J)作用があるが、(K)には中枢神経(L)作用がある。アニオソダミンは主に直接血管拡張の作用を利用してショックの治療に用いる。


(A)M受容体(B)抗平滑筋痙攣(C)麻酔前投与(D)抗不整脈(E)散瞳(F)抗ショック(G)有機リン剤中毒の解毒(H)緑内障(I)前立腺肥大(J)興奮(K)スコポラミン(L)抑制


アトロピン代用薬の中で、点眼で散瞳用に用いるものに(A)、消化管の運動と分泌抑制に使う(胃腸の潰瘍に対して用いる)(B)、慢性気管支喘息の治療に使う(C)、パーキンソン病の治療に使う(D)がある。


(A)ホマトロピン(B)プロパンテリン(C)イプラトロピウム(D)トリヘキシフェニジル


M受容体のサブタイプのM1は(A)にあり、M2は(B)にあり、M3は(C)にある。選択性M1コリン受容体遮断薬には(D)などがある。(D)は胃酸およびペプシンの分泌抑制作用がある。


(A)胃壁細胞、神経細胞(B)心臓組織(C)外分泌船、平滑筋細胞、血管内皮細胞(D)ピレンゼピン


N受容体遮断薬は(A)と(B)に分けられる。


(A)NN受容体遮断薬(神経節遮断薬)cf.メカミラミン(内服)、トリメタフェン(静脈内投与)(B)NM受容体遮断薬(骨格筋弛緩薬)


骨格筋弛緩薬は(A)と(B)に分けられる。(A)には(C)があり、(B)には(D)がある。


(A)非脱分極性筋弛緩薬(競合的遮断薬)(B)脱分極筋弛緩薬(C)ツボクラリン(D)サクシニルコリン

10
サクシニルコリンの作用の特徴としては(A)。(B)。(C)。(D)。


(A)作用の始まりに筋れん縮がある(B)連続で使うとタキフィラキシーが起こる(C)ChE阻害薬で拮抗できない(D)神経節遮断作用がない
posted by ドラッグガイド at 02:19| コリンエステラーゼ抑制薬と再賦活薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

コリンエステラーゼ抑制薬と再賦活薬


コリンエステラーゼにはアセチルコリンを酢酸とコリンに分解する(A)と、様々なコリンエステル類を分解する(B)がある。(A)には4級アミンの(C)や3級アミン(D)などがある。


(A)アセチルコリンエステラーゼ(AChE)(B)ブチリルコリンエステラーゼ(BuChE)(C)ネオスチグミン(D)フィソスチグミン cf.3級アミンは血液脳関門を通るので中枢に作用する。


ネオスチグミンの臨床応用には(A)、(B)、(C)、(D)、(E)などがある。フィソスチグミンは(F)の治療に用いられる。また、瞳孔括約筋に作用し、縮瞳を起こす薬物に(G)がある。


(A)重症筋無力症の診断・治療(B)手術後の腸管麻痺、排尿障害(C)骨格筋弛緩薬中毒の解毒(D)アトロピン中毒の解毒(E) 発作性上室性不整脈の治療(F)緑内障(G)ピロカルピン


有機リン化合物の解毒に用いる薬物に(A)や(B)がある。


(A)アトロピン(B)プラリドキシム(PAM)


プラリドキシム(PAM)は(A)から(B)を引き離し(C)となる。PAMには水溶解度が低く静脈注射のみの(D)と、水溶解度が高く筋肉注射ができる(E)がある。


(A)リン酸化AChE(B)リン酸(C)リン酸化PAM(D)PAM-I(E)PAM-Cl
posted by ドラッグガイド at 01:21| コリンエステラーゼ抑制薬と再賦活薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
広告
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。